外壁で断熱(遮熱)する方法

外壁は家の第一印象を決める重要な要素です。特に「家」の中でも常に他人の目にさらされているのは「外壁」!しっかりメンテナンスをして綺麗にしておきたいものです。

ただ外壁は単なるデザインではありません。列記とした「家を守る」という特徴があります。当たり前ですが雨風から住人を守ります。そして日本の四季「夏の暑さ、冬の寒さ」から住人を守ります。近年では寒い地方に関係なく雪が降り、北海道でも真夏日を記録します。そのため、日本のどの地方に住んでいてもしっかりとした断熱対策が必要となります。外壁での断熱対策をするかしないかで室内温度に歴然とした差が生まれます。

そこで有効なのが、外壁塗装での断熱対策、もしくは外壁材での断熱対策です。加えて、外壁による断熱は「電気代の節約になってエコ!エアコンの使用が減って環境にもエコ!」です。プラスの効果が高い外壁での断熱対策。家を新築するときや、リフォームするときにはしっかり検討しておきたいものです。

 

それでは、外壁材による断熱方法にはどのようなものがあるのか確認してみます。

断熱材による断熱方法には外壁の外から行う「外張断熱工法」と、内壁から行う「充鎮断熱工法」があります。

外壁塗装のサイトがかなり詳しくこれらの知識を書いていますので、参考にしてください。

「外張断熱工法」とは簡単に言うと「外壁の外から断熱材を覆う」工法となります。

次に、「充鎮断熱工法」とは柱と柱の間に断熱材を充鎮する工法です。断熱材に使用されるものとしては繊維状ものや、ボード状のものがあり、外壁の内側(つまり内壁側に)それらを張付けます。

そして「内張断熱工法」は外壁の室内側にボード状の断熱材を張り付ける工法です。

どの工法であっても外壁を通じての熱移動を低減させる働きと、冬場の暖房機器の効きがよくなり、表面結露の防止に効果を発揮します。

 

次に外壁の塗装で行う断熱対策です。もちろん断熱塗料を使用して外壁を塗装します。塗装剤には断熱効果を持たせるための様々な材料が配合されています。材料の配合割合によっても断熱効果に差が出てきます。従来は中空ビーズや真球ビーズなどが断熱剤として塗料に使用されていましたが、最近では不整形シリカを使用した新しい種類の断熱剤も登場していま。こちらの断熱材は依然の中空ビーズや真球ビーズを使った断熱剤よりも材料コストの低減や、温度差での劣化に強い点、さらに塗膜厚を0.2mmで塗装しても断熱効果を発揮する特徴があります。

断熱塗料の塗装はDIYでも可能です。

ただし、業者に依頼するよりは安価で済むかもしれませんが、塗料の塗り方で断熱効果に差が出るというデータもありますので、より高い断熱効果を望む場合は業者の方に相談する方が良いでしょう。